気になるお金のこと

移動費用を考える

お花

沖縄での結婚式は、安くできるリゾート婚として人気があります。
リゾート婚に憧れていても海外ウエディングは高くて手がでない人や、海外はスタッフの質や言葉の点で心配という人にも選ばれています。
国内のため言葉の心配やパスポートの心配もありませんし、費用も控えめです。
地方から直行便もでているので、家族や親族を招待するときにも便利です。
沖縄の結婚式は海外ウエディングと比べて費用が安めとはいえ、渡航費用がかかる分人数に対しての費用は高めです。
渡航費用だけで大人一人当たり10万円から15万円ほどかかります。
総額では、二人だけでも70万円から130万円前後、ゲストを呼んだ場合、20人以内で150万円から240万円程度が相場です。
ゲストは親族のみか家族のみ、もしくは新郎新婦の二人だけというのが大半で、友人を呼ぶケースはあまり多くありません。
沖縄で結婚式をあげるときは、ゲストの旅費は少なくとも一部を負担するのが通例であるため、友人まで呼ぶと負担が大きくなりすぎるためです。
旅費を負担しない場合はご祝儀はいただかないのが筋です。
沖縄の結婚式は和婚より洋風の結婚式が多いです。
沖縄は暖かく和装が暑いという事情と、沖縄の青空にはドレスの方が相性がよいと感じる人が多いためです。
そもそも沖縄では和婚の文化は浸透していないという事情もあります。
ですが、会場や設備があるところもあるので、希望すれば和婚をあげることもできます。
その場合は会場選びの時に注意して見ておくと良いでしょう。

フェア参加の際のポイント

花嫁と花婿

これから結婚を控えているカップルにとって、結婚式は一大イベントです。
その準備の第一歩となるのがブライダルフェアへの参加です。
ブライダルフェアでは非日常的な空間を味わうことができ、実際の自分たちの結婚式を想像してわくわくした気持ちになるものです。
しかし、結婚式には高い費用がかかるものです。
ブライダルフェアに参加するときは楽しむだけでなく会場などについて色々とチェックする必要があります。
そこで、ブライダルフェアに参加するときに気をつけておきたいいくつかの注意点をあげておきますので、ご参考にしてください。
まず一つ目の注意点は、会場の装飾がそのまま自分たちの結婚式で使われるわけではないということです。
フェア会場はとても豪華にコーディネートされているのですが、もし同じように飾ろうとすると、高額な費用がかかる場合があります。
フェア会場と同じコーディネートをするにはいくらぐらいの費用がかかるのか、担当スタッフなどに確認してみると良いでしょう。
また、フェア当日にその場で契約を決めないというのも重要な注意点のひとつです。
フェア参加直後は楽しさに気持ちが高ぶってしまい、その場で契約したくなる人も多いかもしれませんが、一度家に帰って二人で冷静に考える時間を取るようにしましょう。
一か所だけでなく複数のフェアに参加して、金額や会場の雰囲気などを見比べることも大切です。
カメラを持参し、会場の気になるポイントを撮影しておくと、あとで比較するときにも役立ちます。
ブライダルフェアの中には結婚するカップルだけでなく、両親も参加できるものなど、ユニークな企画を行なっている会場もあります。
両親の意見も聞いておきたいという人たちにはおすすめです。
いくつかの注意点はありますが、冷静に判断しながら、一生の思い出に残る素敵な結婚式が開けるよう、楽しみながら準備を進めてくださいね。

入籍だけでは寂しい場合に

教会

日本の中でも南国のリゾート地ということもあって人気なのが沖縄です。
ただ旅行に行くだけではなく、最近では海外挙式を行うよりも費用も抑えられるということで結婚式を行うカップルも増えています。
しかし、いくら費用を抑えて結婚式が行えるといっても沖縄で実際に結婚式を行おうとすると旅費なども含めてそれなりの費用がかかってしまいます。
沖縄での結婚式は魅力的だけれど、そんな費用は簡単には出せないという人も少なくないでしょう。
新婚旅行として沖縄には行くけれど、結婚式は行わないという人に是非行って欲しいのがフォトウェディングです。
フォトウェディングとは最近注目されている新しい形の結婚式であり、挙式や披露宴などを行わない代わりに写真を撮影して記念品として残すものです。
南国のリゾート地である沖縄は写真撮影するのにも絶好のロケーションであり、最近ではフォトウェディングを行うスタジオも増えています。
スタジオによっては衣装も数多く取り揃えていますので、ウェディングドレスだけではなく白無垢など好きに選ぶことが可能です。
フォトウェディングもそれなりの費用はかかってしまいますが、実際に結婚式を行うよりは費用も少なく場所や参列者などの事も考えなくて済むので手軽に行うことが出来るのです。
入籍だけはしたけれど結婚式を行わないというカップルだけではなく、再婚や晩婚によって普通の結婚式を行う予定が無いという人にも記念として行う人が増えているのです。